掲載依頼などのお問い合わせはこちら♪
検索する


会社の売上は“経営者の外見”で決まる。ルックスと経営の驚くべき関係とは

多くの人々の外見を研究・分析した中で、経営者のルックスが企業の業績に影響するという驚きの事実を発見しました。
見た目と売上の相関関係はあるのか?偉人のファッションに対する考え方と合わせてご紹介します。

【スポンサーリンク】


ルックスは経営に影響を及ぼすのか?

ルックス
『ルックス経営学』と題して、ルックスと企業経営の関連性について紐解いていきます。

ルックスを戦略的に活用されている経営者と、そうでない経営者で経営にどのような影響をもたらすのか。経営の視点から、ルックスがどれだけ重要なのかに迫ります。

ちなみに、ここで言うルックスとは、決して顔形の話ではありません。

髪型やファッション、自信を含む内面の部分など後天的なルックスを指します。

今回は、外見が業績や給料にもたらす影響をデータで解説します。

自分が働いている会社の経営者のルックスを、学生の方は就職先の経営者のルックスを想像しながらご覧ください。

ルックスは企業の業績に影響する?

ルックス 経営者
そもそも、良いルックスを持つ方はそうでない方と比較して、生涯年収で3000万円高くなるというデータが出ています。

(参考記事:ルックスで収入は3000万変わる。人の見た目が与える影響とは

ルックスが個々人の年収に影響するのであれば、経営者のルックスが会社の業績に影響するのも必然かもしれません。経営者の方は震撼する事実をご紹介していきます。

CEOの外見が良いと、会社の業績が良くなる。

CEO
1980年代半ば~1990年代半ばに、オランダでルックスに関する調査が行われました。

調査対象期間、オランダには広告会社がたくさんあり、大手の多くはアムステルダムやロッテルダム、ユトレヒト、そしてハーグといった大都市にありました。

業界の競争は厳しく、たくさんの会社がひしめき合っており、いずれも市場シェア10%なんて程遠い数字でした。

しかし企業の多くは互いに差別化を計っており、価格支配力を持っていたそうです。重役たち(オランダでいう“ディーレクタール”)は会社を切り盛りし、製作にかかわり、自分たちの仕事を売り込みます。

このような環境下で美形が実際に売り上げを増やすかどうかを確かめるべく、オランダの広告会社を対象に「重役たちの容姿が会社の売上にどう影響を与えているか」の調査が行われました。

4人の調査員が彼らの容姿を写真に基づいて5点から1点の尺度で評価するという形式で行われました。

コメント