掲載依頼などのお問い合わせはこちら♪
検索する


女性の気を引く「カリギュラ効果」恋の駆け引きを制する心理学とは

禁止されると逆に気になる心理的な衝動“カリギュラ効果”。

広告やマーケティングにも使われる心理学で、好きな女性の気を引くこともできる妙技。

今回はカリギュラ効果を駆使して恋の駆け引きを制する恋愛テクニックを完全レクチャーします。

【スポンサーリンク】


モテたいメンズは読まないで。カリギュラ効果で恋愛上級者へ

カリギュラ効果 恋愛

片思いしてるとき、もしくはもう少しで両思いになれそうな時期の恋愛は楽しいことだらけですよね。

ただ、女性ってあまり自分の思いを伝えてくれなかったり、曖昧な態度で恋の行く先を不透明にして、男性を翻弄してしまいがち。

そんな時、恋のアクセントに効果的なのが『カリギュラ効果』です。

カリギュラ効果を上手に使いこなせれば、女性の気をグッと引き寄せることができます。

今日は禁断の恋愛テクニック“カリギュラ効果”を徹底レクチャーします。

まず、カリギュラ効果とは?

カリギュラ効果 映画

「モテたい男性は見ないで下さい」

「絶対浮気しないで」

などと、禁止されるとつい逆のことやりたくなりますよね?

「“やめて”と言われたら“やりたくなる”」

その心理衝動を『カリギュラ効果』と呼びます。

「ダメ」と言われるほど「え?なんで?」と余計に興味が湧いてしまうのが人間の性。

佐々木希さんが惚れたと言われるミラーリング効果や、吊り橋効果などに代表される恋愛ホルモンを刺激する技など、世の中には恋愛テクが星の数ほどあります。

その中でもより普段使いしやすいのが、カリギュラ効果を応用した恋愛テクニックです。

カリギュラの由来

その昔、アメリカで公開された映画『カリギュラ』があまりにも過激だったため、一部で非公開扱いになってしまいました。

その「非公開」が逆に反響を呼び、「観たい!」という人が続出。その反響が大きすぎて『カリギュラ効果』の名前として使われるようになりました。

カリギュラ効果は広告やマーケティングにも使われている

カリギュラ効果 広告

例えば、男性の皆さんが大好きな“雑誌の袋とじ”。立ち読みじゃ絶対中身が覗けないので、つい購入してしまう人もいますよね。

「開けないで下さい」と言えば、開けたくなるのが人間の性。上手にできています。

他にも“閲覧禁止!”と書いてあったら、逆に見たくなりますよね。記事のタイトルなどでよく使われます。このように広告やマーケティングの世界でも使われているカリギュラ効果、恋愛ではどのように応用していくのでしょうか。

コメント